コンシダーマル

「コンシダーマル 効果なし」という検索ワードについて

更新日:

「コンシダーマルには副作用がある」という口コミについて

副作用について考える
最近はインターネット環境も整い、スマホでブラウジングを楽しむ人も増えました。新しいコスメを買うときも、ネットで口コミをチェックしてから買う、という場合が多いでしょう。

コンシダーマルはオールインワン化粧品としてネットの口コミでも人気が高いようですが、実はその一方で「副作用がある」という噂もチラホラ耳にします。

それがどういう根拠で出てきたものなのか、口コミサイトを参照しながらチェックしてみました。

コンシダーマルはベストセラー商品となっているので、アットコスメなどの口コミサイトでも多くの人が感想を投稿しています。

それらの大半は「使っているうちに肌がモチモチになった」「潤いがたっぷり」などの好意的な内容です。なにしろ数が驚くほど多いので、そうした口コミは嘘ではないと思われます。

一方、悪い口コミももちろんあります。

その中で最初に見つけたのは「ヒリヒリする」という感想。

その内容を読んでみると、「肌荒れしたところにローションがしみました」と書いてあります。

あともうひとつ、「ニキビができた」という感想もありました。

この文章を投稿した人は、もともとスキンケアを変えるとニキビができる、という体質のようです。

どうやら、これらの口コミが何らかの意図で引用されるなどして、「コンシダーマルには副作用がある」ということになったようです。

もちろん、化粧品は直接肌につけるものですから、どうしても相性の合う合わないが出てきます。使ってみなければその人に合うかどうか分からないとはいえますが、成分をチェックすれば、肌への刺激が強いのかどうか、ある程度判定することも可能です。

ここで、コンシダーマルの全成分を見てみましょう——

水、BG、グリセリン、シクロヘキサシロキサン、ベタイン、DPG、トレハロース、ステアリン酸グリセリル(SE)、プラセンタエキス、サッカロミセス/(黒/プラセンタエキス)発酵液、ヒトオリゴペプチド-1、セラミドNG、セラミドNP、スクワラン、加水分解エラスチン、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、PCA-Na、乳酸Na、クエン酸、クエン酸Na、塩化Mg、塩化Ca、シア脂、ホホバ種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、ベヘン酸、ラウロイルサルコシンイソプロピル、ステアリルアルコール、ベヘネス-30、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30)クロスポリマー、PPG-6デシルテトラデセス-30、メタリン酸Na、シクロペンタシロキサン、トコフェロール、ステアロイルグルタミン酸2Na、ビサボロール、ポリ-ε-リシン、マンニトール

これらを見た限りでは、肌への刺激の強さが問題になるような成分は含まれていません。

肌に良くない、といわれている様々な添加物(香料、鉱物油、合成着色料、パラベン、アルコール)などは一切使われていないのです。

さらに、パッチテスト、アレルギーテスト、スティンギングテストの3つをクリアしており、安全性は保証済み。

確かにアレルギーは多種多様で、これらのテストをパスした製品でもアレルギー反応が起こらないという断言はできません。

ただ、少なくとも安全性に配慮して、テストが重ねられた商品であるとはいえます。

悪い口コミは確かにあるのですが、それらは体質によって生じる問題で、必ずしもコンシダーマルが悪い商品だということにはなりません。

大多数の人にとって、コンシダーマルが安全で効果の高いものであることは間違いないのです。

コンシダーマルの口コミ情報をチェックする

-コンシダーマル

Copyright© 『本当に効いた!コンシダーマルの口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.